読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

「おとな」ってなんだろう?

↑相変わらず、渋過ぎやしないかい?


こんばんは、りょうです。


この三連休、日本では成人式なるものが各地で行われているようですね。

まぁ、私も20歳の時分には式に出席したわけですが・・・。

今週のお題「おとな」ってことですが、本当に、「おとな」ってなんでしょうね?


前にも記事にしたと思うのですが、小さい頃は「おとな」ってのは完璧な人のことで、「おとな」の社会には間違えなんかもなくて、なんか、とにかく凄い世界なんだと思っていた。

自分がとりあえず20歳を超えて、いわゆる「おとな」だになった今は、そんなことはないんだと、胸を張って(?)言えるわけですが。


あの頃の自分と、今の自分。

一体何が変わったのかなぁ?

そうだなぁ。

可能性という意味で、あの頃より確実に、「なにもの」かになれる可能性は狭まっているのかなぁ、と思う。

アラサーになって、結婚して、子供もいる今、これから例えばアイドルになりたいって思ったって、それは叶わぬ夢だろうし(笑)

そういった意味では、「おとな」ってのは、ある程度自分が「なにもの」であるかが見えてきた状態であるといえるのかもしれないなぁ。

とりあえず、「子供たちのママ」であるということは確定事項で、この先転職したところで、それは変わらないし。


「おとな」になるってことは、自分が「なにもの」であるかを、少しずつでも確定させていくことなのかもしれない。

そういった意味では、真の「おとな」なんて、どこにもいないのかもしれないなぁ。


「おとな」ってなんだろう?

自分はちゃんと「おとな」になれているのだろうか?

「おとな」が何かもわかっていないのに、「おとな」になるなんて、そもそも無理か(笑)


どうせなら、かっこいい「おとな」になりたい。

まずは、「おとな」とは何か、から、考えていこうかな。


それでは。


↑語彙力を増やすのも、「おとな」への第一歩?