読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

保険ショップを利用する際に知っておいて欲しいこと

↑ダメ、絶対!!


こんばんは、りょうです。

親愛なるユータヌキさんが、こんな記事をあげてまして、もしかしたらネタ記事なのかもと思わなくもないのですが、老婆心ながら言及します。
いざという時の為に保険を見に行ってきた - さっきもUたやん

まず、はっきり言います。
保険ショップを盲信しちゃダメ!!
利用するのはいいですが、利用されちゃダメですよ。
確かに、数社を一気に比較できるので、自分たちでバラバラに資料請求するよりは手っ取り早いですが、それだけで決めるのは危険です。
保険ショップは提携している保険会社からのマージンで運営されているので、中にはマージンの高い会社の商品ばかりを勧めてくるショップ(担当者)もあります。
実際、保険ショップで契約した方はほとんど幾つかのパターンにハマってることが多いです。

本当にその会社が自分にあっているのか。
保障額は適正なのか。
月々の支払いは無理なくやっていけるのか。
冷静になって考えて欲しいです。

また、保険ショップで勧められる保険の多くは、終身保険です。
一生涯保障は続くし、途中で解約すればかなりの額の解約返戻金がもらえるし、一見、損をしないイイ保険のように感じます。
でも、損をしない分、保険料はかなり高くなります。
保険を使って貯金してるようなものなので、仕組みを知っていれば当然のことなのですが。
お葬式代で300万円くらいあればいいわ、という方なら、終身保険でも払っていけるかもしれませんが、もしもの時の家族の生活費として、数千万円の保障が欲しいという方には向きません。
そういう方は、掛け捨ての定期保険を選びましょう。
大きな保障が必要なのは、大抵の場合はお子様が大きくなるまでなので、その間をカバーできれば充分です。
一生涯9000万円の保障なんて、普通の方はまず必要ありません。

結婚したばかりの子供のいない夫婦なら、特別な事情がなければ、お葬式代として300万円くらいの安い掛け捨ての死亡保障と、医療保険があれば充分だと思います。
そして、お子様ができた時点で、大黒柱である夫の保障を強化すればいいと思います。
若いうちに、敢えて高い終身保険に加入する必要はないと思います。
もちろん、お金に余裕があるのであれば、貯金も兼ねて終身保険に加入するのもいいと思いますが。

また、若い夫婦で子供を作る可能性が少しでもあれば、何よりもまず、妻の医療保険を重視して欲しいです。
というのも、20代〜30代の女性が保険の給付を受ける理由の大半が、妊娠・出産に関わることだからです。
これは、妊娠発覚前に加入しておかないと、その妊娠でのトラブルで給付は受けられないので、早めの加入をお勧めします。
流産手術や切迫流産、早産、帝王切開などで給付の出る、医療保険に加入しておきましょう。

それから、保険ショップで加入する際に確認しておいて欲しいのが、実際に給付を受ける時の手続きはどうしたらいいのか。
保険ショップが一括管理してくれる場合もあるようですが、私自身は利用したことがないので疑問なんですよね。
もし、数社バラバラで加入してる場合、何か起こった時に、診断書などの書類を、加入してる保険会社の数の分準備しないとならなくなる可能性があります。
当然手続きは煩雑になりますし、診断書代もかかります。
加入前に、この辺も明確にしておいた方が安心だと思います。
いざという時に加入するのですから、しっかり利用方法まで確認しておきましょう。

個人的には、保険ショップで話を聞いたら、昔ながらの保険のおばちゃんの話も聞いてみて欲しいと思います。
保険ショップで勧められたものとは、全然違う商品を勧められると思います。
それぞれメリット・デメリットがあるので、一通り比較してから、どちらにするか決めればいいのではないかと。

なんとなく、保険ショップ=善、保険の営業マン=悪、みたいな印象がある気がしてならないんですよねぇ。
そもそも、扱ってる商品が違うので、簡単に比較できるものじゃないんですよ。
少なくとも、保険ショップで相談しただけで、保険のことをわかったつもりになるのは危険だと思います。
もちろん、その逆も然りですが。

それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解して、自分たちにあった保険を、自分たちで選んで欲しいなぁ、と思うのです。

元記事のユータヌキさんは、自分なりに納得して加入したようなのでいいのですが、なんとなく流されて加入しちゃった、なんて方がいたら、ぜひ一度しっかり見直しをして欲しいと思います。
数年前に加入してほったらかしの場合には、すでに保険自体が古くなっている可能性もありますのでね。
家庭の環境も変わってるかもしれませんし・・・。

その時、その時の家族の形で、必要な保険は変わってきます。
保険ショップでも、保険の営業マンでも、信頼できるパートナーを見つけて、常に自分の家族にあった保険に加入していていただけたら、それが一番ではないかと思います。
加入してるから安心!ではなくて、数年に一度はメンテナンスしてくださいね。
いざ、という時に、使いものにならなかったら困りますので。

以上、おせっかいババアのつぶやきでした。
・・・つぶやきにしては長すぎか・・・。


↓↓よかったらこの辺の記事も参考にしてください↓↓
保険選びについて書いてみた - 今日の良かったこと
信頼できる保険屋さんって? - 今日の良かったこと
あなたはナゼ保険に入りますか? - 今日の良かったこと


それでは。

↑ギリギリのところで、まだできていない。