読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

波乱の五月場所

お相撲

↑絶叫。


こんばんは、りょうです。

相撲ブロガー(仮)らしく、相撲記事が続いてしまったので、今日は別のネタを・・・と思っていたのに、なぜか今日も相撲記事を書いている私・・・。

それもこれも佐田の海が・・・佐田の海が・・・。

今日は、三大関横綱に土がつくという、なんとまぁ、ビックリな一日でした。
全勝だった稀勢の里(きせのさと)は栃ノ心(とちのしん)に。
すでに一敗してた豪栄道(ごうえいどう)と琴奨菊(ことしょうぎく)は、それぞれ大砂嵐(おおすなあらし)と安美錦(あみにしき)に。
そして、横綱日馬富士(はるまふじ)は、今場所絶好調の平幕の佐田の海(さだのうみ)に敗れると。

常勝横綱白鵬(はくほう)が、初日に黒星で、他の力士の優勝のチャンスが他の場所より広がっていたはずなのに、あっという間に並んでしまいました。
なんともはや・・・。

これで、四戦全勝は平幕の阿夢露(あむうる)、魁聖(かいせい)、高安(たかやす)、そして佐田の海の四人に。
みんな平幕じゃんか!!

佐田の海は、今場所大関昇進への期待がかかっている、関脇照ノ富士(てるのふじ)を初日に破っていたりして、何やら今場所のキーマンになりつつある力士かも。
今日の取り組みでもそうですが、土俵際の粘りと、素早い動きが光ります。
お父さんは元小結佐田の海で、史上初の親子で新入幕で三賞受賞を果たしています。
なかなか三役には上がれてませんが、ここのところ地道に実力をつけている印象。
いっそこのまま勝ち進み、平幕優勝狙っちゃう?!

白鵬をはじめ、一敗力士はたくさんいるので、まだまだ優勝の行方はわかりませんが、上位が崩れてきているので、いつも以上に混戦しそうな様子です。
こりゃ、ますます目が離せないね。

そうそう、美脚のレジェンド旭天鵬(きょくてんほう)は今日で幕内出場回数1444回で、歴代一位の魁皇の記録に並びました。
明日はとうとう単独トップになります。
今日は渾身の相撲で白星を飾りましたが、明日も記録の日を白星で飾れるか?
こちらも注目です。

ってなわけで、明日の夕方も、
チャンネルはNHKで!

↑遠藤・・・四連敗・・・。