読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

企画にのって短歌を詠んでみたよ7

↑そんな夏の日。


こんばんは、りょうです。

短歌の目第6回8月のお題と投稿、怪談短歌です - はてな題詠「短歌の目」

今月はお題が難しくてくじけそうになりましたが、なんとかかんとか10首作りました。
どうなんだろうか。
上達してる気は全くしません・・・(ダメじゃん)

サクッといきます。


8月お題 10首

1.ジャワ
プールから 汗をかきかき 帰る道 冷蔵庫で待つ 冷えたジャワティー

2.くきやか
ベランダに 朝顔の鉢 くきやかに 色とりどりの 花を咲かせて

3.蝉
ジリジリと 蝉の転がる アスファルト ビクビクしながら 横を通る

4.冥
突然に 姿を消した あの人の 冥福を祈る ただ静かに

5.まつり
あなたしか できる人など いないのよ うまい具合に まつりあげられ

6.日焼け
ふと気づく シャツから伸びた 太い腕 日焼けしさらに たくましくなり

7.くちづけ
貴方との その日を待ちわび 夢に見る 繋ぐ手と手と 淡いくちづけ

8.風鈴
涼やかな 音を聞かせて 風鈴よ ジリジリ聞こえる 風のない夏

9.菊
酷暑でも 凛とたたずむ 麗しの 白いスカート 夏の雛菊

10.【怪談短歌】
真夜中に 鏡の中の 我が姿 後ろに見えるは 誰の姿か


おそまつさまでした。


↑どうせ暑くて眉毛も溶ける・・・