読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

育児について語るということ

考察 子供のこと

↑現在進行形で育児してるんだけどさ。


こんばんは、りょうです。

「キレる子供たちが増えています」という報道に思うこと - スズコ、考える。
を読んで思ったことをつらつらと。
ただ、この記事がきっかけとなっただけで、内容とはあまり関係ないかもしれません。
そもそも、記事で問題になっているコメントは、育児論でもないですし。

問題になったのは、最近「キレる子供が増えている」という報道の最後を締めくくったこのコメント。

「共働きの増加やインターネットの影響も大きいと思います」

このコメントが、その道の専門家のコメントなのか、いちアナウンサーのただの感想だったのかはわかりません。
ちゃんとした根拠があって言っているのか、ただの個人的な皮膚感覚なのか。

インターネットも普及してて、育児に関する情報も、至るところで目にすることがあります。
ちょっと前までは「抱きグセ」がつくから泣いてもすぐ抱かないのが主流だったのが、今では「できるだけ抱っこしてあげる」のがイイとされてたり。
「3歳までは母親が近くで面倒見てあげないと愛情不足でキレやすい子に育つ」とか言われてたのが、どうやらそんな事なさそうだ、ってなったり。
厳しく躾けるより、思いっきり甘えさせてあげよう、とか。
怒らない育児、とか。

添加物、放射能、無農薬、オーガニック、予防接種・・・。

一体全体、何が正解なんですかね?
私はどうしたらいいんですかね?

難しいのは、この中に100%の自信をもって正解だと言えるものがないってこと。
いや、もしかしたらあるのかもしれないけど、少なくとも私にはわかりません。

私も二人の子供を育ててて、長男は小1、次男は3歳で、ここまではとりあえず大きな問題はなく育ってると思います。
ただ、だから今までの育児が正解だったのかというと、そんな自信はなくて。
だって、今までは大丈夫でも、この先何があるかわからない。

小学校高学年で不登校になるかもしれない。
中学校でイジメにあうかもしれない。
いじめる側になるかもしれない。
高校生で非行に走るかもしれない。

でも、それすらも失敗ではないかもしれなくて。

不登校から復活して大学まで進んで立派な大人(何をして立派というかは置いておいて)になるかもしれない。
いじめが無事に解決して、お友達もできて、その後は順風満帆な人生を送れるかもしれない。
非行に走ってた仲間の誰かと結婚して子供ができて、幸せな家庭を築くかもしれない。

未来に何があるかなんて、わからない。

小中高大と全く問題がなかったのに、大人になって何かのきっかけに犯罪者になるかもしれないし。
結婚したくてもできなくて、さみしい老後を過ごすかもしれないし。
結婚したらしたで、奥さんと折り合いがつかずに寂しい結婚生活を送るかもしれないし。

まぁ、どこまでが親の責任かっていうのも難しい問題ではあるのですが、結局、自分の育児が正しかったかどうかなんて、死ぬまでわからないんだろうなぁ、と。
そう思うと、ブログや何かで、育児に関することを記事にするのを躊躇してしまうのです。

「共働きは悪だ」
「ネットに触れさせるな」
「テレビを見せるな」
「本を読ませろ」
言うのは簡単。
でも、それをきっちり守ったところで、完璧に幸せな人間になれるんだろうか?
そもそも、今の世の中で、テレビを見せないとか、ネットをさせないとか、そんなことが可能なのか。
学校の課題でさえ、ネットで調べたり、メール添付で提出したりするこのご時世に。

もちろん、何かの問題が起こる時には,起こるべくして起きた原因があるんだろうけど、それをコレだ!と特定するのはすごく難しい。
いろんな事情が絡み合っての今があるわけで、ただ「共働き」「ネット」みたいな、悪そうに思えるものを遮断しただけでなんとかなる問題でもないだろうし。

結局は「多分こうした方がいいんだろうなぁ」ってことを、手探りで選択してやっていくしかないんだろうと思う。
それだって、時間的にも経済的にも性格的にも、できることには限りがあるわけで。

どの親だって、育児については最善を尽くしたいと思っているだろうし、実際努力もしてると思う。
そんな時に、「○○は悪だ!」みたいな安易な決めつけを、テレビなどと影響力のあるメディアで流さないで欲しいなぁ、と思った次第です。

なんだか、何言ってるかわからなくなっちゃったな・・・。

あ、ちなみに、文中に結婚について触れるような箇所がありますが、別に結婚=幸せと思っているわけではないです。
本人が幸せであれば、既婚だろうが独身だろうが構わないと思っています。
なんとなく、誤解されそうだったので。

こちらからは以上です。


それでは。

↑今度こそ機種変を!!