読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

荒れる春場所!平成二十八年春場所が始まりました

↑自分の中にはそろそろルーティンになりつつある。


こんばんは、りょうです。

相撲記事を書き始めて、気がついたらもう一年以上たってました。
自分でもちょっとびっくり(笑)
相変わらず、特に成長した記事はかけていませんが、今場所もお付き合いくださいませ。

用語も何も知らないし・・・って方は、まずこちらをどうぞ↓

そんなわけで、今日から大阪場所が始まりました。
今場所は、先場所休場していた多くの力士が復帰して、賑やかな場所になりそうです。

特に注目は十両
人気力士の大砂嵐(おおすなあらし)や遠藤(えんどう)がいるだけでなく、上位14人中13人が幕内経験者。
十両の優勝争いは、かつてないくらい面白くなると期待してます。
初日の二人の結果は、大砂嵐は白星、遠藤は黒星スタートでした。
大砂嵐は怪我を感じさせない見事な立合いで圧勝。
遠藤はもともと相性の悪い常幸龍(じょうこうりゅう)相手にいいようにあしらわれてしまいましたが、立合いの鋭さなど、怪我の回復を感じさせる取組でした。
明日から白星を積み重ねていって欲しいです。

十両の私のイチオシ力士は千代の国(ちよのくに)!
なんてったってイケメン♡←こればっかり
過去に幕内も経験しましたが、怪我で幕下まで陥落していて、先場所やっと十両に復帰。
肩に大きなテーピングをしているのが気になりますが、先場所に引き続き二ケタ勝利を狙って、早く再入幕を果たして欲しいです!


そして、幕内ですが・・・。
今場所の注目ポイントは、なんと言っても大関琴奨菊(ことしょうぎく)の綱取り*1なるか!?というところ。
今の三人の横綱はみんなモンゴル人で、ここのところ日本人力士の横綱が誕生していないので、とても注目されています。
今日は、若手の実力派高安(たかやす)を安定感バッチリに寄り切り。
15日間通してこういう相撲がとれれば、横綱も夢じゃない?
とにかく、序盤での取りこぼしは絶対NGで。

それから、ずっと横綱になることを期待されていた大関稀勢の里(きせのさと)。
ライバルの琴奨菊に先を越されて、悔しい思いを相撲にぶつけられるか?
どうやら、場所前の稽古はいつも以上に気合が入っていたらしいし、今場所こそは期待できるかも?
今日は前頭筆頭の琴勇輝(ことゆうき)相手に、一瞬ヒヤッとする場面もありましたが、突き落としで勝利。
稀勢の里も、序盤で取りこぼしがなければ、悲願の初優勝・・・となるか?

また、先場所は怪我で休場していた大関照ノ富士(てるのふじ)。
そして、同じく怪我で実力の出せなかった大関豪栄道(ごうえいどう)。
二人は、先場所負け越していてカド番*2で迎えた今場所。
最低でも勝ち越し、できれば優勝も狙って欲しい。
初日を見る限り、二人共怪我の影響はなさそうなので、このまま怪我せず、悪化させず、とりあえず勝ち越して欲しいです。

そして、優勝から遠ざかっている、横綱白鵬(はくほう)と同じく鶴竜(かくりゅう)。
特に白鵬はしばらく優勝から遠ざかってるので、そろそろ優勝賜杯が欲しいところ。
・・・と思いきや。
今日は、らしくない相撲で小結宝富士(たからふじ)に完敗。
なすすべなく、といった感じで、どうした、白鵬
明日以降の相撲が気になるところです。
また、鶴竜も関脇豊ノ島(とよのしま)に粘られて黒星。
うーん、どうした、二横綱?!

そんな中、三人目の横綱日馬富士(はるまふじ)は、場所前の稽古での怪我もなんのその立合いで、小結栃煌山(とちおうざん)に圧勝。
なんとか、横綱のメンツを保ちました。

個人的な注目力士は、もちろん、イケメン(いきおい)。
先場所はスネの怪我で本領発揮できずに悔しい場所となりましたが、今日はその名の通り勢いのある相撲で曲者安美錦(あみにしき)に圧勝。
そのままの勢いで、15日間突っ走ってほしいです。
それから、場所前に15kgの減量に成功した碧山(あおいやま)。
少し軽くなり、動きやすくなった体でどこまで勝てるか?
今日は、ここ数場所ノリにノってる動きの速い関脇嘉風(よしかぜ)をガッチリ捕まえ、体の大きさを武器に強引に寄り切り。
心なしか、先場所よりもいい動きをしている気が・・・。
それから、先場所新入幕で勝ち越しを果たした正代(しょうだい)。
ベテラン豪風(たけかぜ)の動きによくついていき、最後まで攻めきって押し出し。
身体もよく動いていて、今場所期待できそうな取組でした。

今場所の新入幕、秋瀬山(あきせやま)と翔丸(だいしょうまる)は共に白星スタート。
勝利者インタビューが初々しくていいです(笑)
なんとか勝ち越して、目指せ、幕内定着!

幕下では、私が勝手に注目してる高春日(たかかすが)と篠原(しのはら)が共に白星スタートでこちらも嬉しい。
勝ち越して、早く上に上がってきてほしい。
もう一人の期待の力士、宇良(うら)は、今日は取組はありませんでした*3

そんなわけで、今年も春場所がスタートしました。
優勝賜杯は誰の手に?
琴奨菊の綱取りなるか?
初日から波乱の展開に、目が離せません!

明日の夕方は、チャンネルはNHKで!!

↑お相撲さん(元力士含む)のツイッターアカウントもフォローしてみても面白いw

*1:「つなとり」横綱になること。二場所連続優勝かそれに準ずる成績をあげ、横綱審議委員会で認められれば、晴れて横綱になれる。

*2:負け越したら大関陥落、という場所。

*3:幕下以下は一場所で七番相撲を取るので、15日間毎日取り組みがあるわけではない。