読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

PTA役員になった話

↑仕事と役員とその他もろもろ・・・


こんばんは、りょうです。

なんとなんと、とうとうですよ。
小学生の母として避けては通れない道。
役員になっちまったい!!

PTA、やらなきゃダメですか? (小学館新書)
↑今の気持ち。

まことしやかに囁かれてる
「できるだけ低学年でやっちゃった方が楽だよ」
のセリフ。
素直にアドバイスを聞いて、クラス役員になってみました。
事前のアンケートで「立候補する」「誰もいなかったらやってもいい」「今年はやらない/他の役員をやっている(すでにやった)」の中から、「誰もいなかったらやってもいい」を選択しておいたのですが、見事に「立候補する」がいなかったようで、同じく選んだママさんと相談の上、他のクラスのクラス役員がママ友会だったこともあり、一緒にやってみることにしました。
だってほら、「何をやるかも大事だけど、誰とやるかはもっと大事」っていうからね。

クラス役員の仕事は、クラスの保護者の茶話会(懇親会)などを企画したり、読み聞かせの担当者の調整などをするらしいです。
そして、全学年のクラス役員で、給食試食会を運営するらしい。
役員の中では、一番楽な部類になるらしいです。

で、とりあえず、全学年のクラス役員のなかから、委員長と副委員長と会計を決めるのですが、まぁ、やりたい人なんてなかなかいないっすよねー。
ってことで、あみだくじで決めたんですけども。

見事に副委員長を引き当てましたー!!!
わーい(涙)!!!

そんなわけで。
給食試食会も率先して働かなくてはならず、クラス役員が作ったプリント類のチェックとか、なんかいろいろやることがあるみたい。

また、PTAの集まりにも参加しないといけないんですが、これが当たり前のように昼間なんですよね。
まぁ、夜にやられても出れないのでいいんですけど、かなりの頻度であるので普通に働いてるママさんだとこれは確かにキツイだろうなぁ。
ちなみに、一回目の集まりは、クラス役員をやることが決まった次の週にありました。
仕事してたらさ、一週間前に言われたって、なかなか休めないよ・・・。
私はたまたま大きな仕事がない日だったので、出席できましたが。

全体で集まるような会議以外に、自分たちだけで集まるのに学校のPTA室が使えるのですが、それの予約はPTA室にあるカレンダーに直接書き込むというアナクロな方法だし。
予約のために学校に行かなきゃならないじゃん?
印刷機も学校のが使えるのですが、これの引き継ぎは「わからない人はわかる人に聞いてください」って、その「わかる人」って誰やねん!!!
また、作った配布物は副校長先生の認可を取らなきゃならないので、そのためにも学校に行かなきゃならないし・・・ね・・・。
コレ、私は勤務先がまぁ近いので、仕事の合間とかにチョロっと行くとかできますが、遠くで働いてる人とか、無理ゲーじゃない?
幸い、委員長さんも会計さんも専業主婦みたいで、ある程度時間が自由になることなので、よかった。
ちょっとした仕事は、丸投げできそうです。
ついでに、パソコンもできる人のようなので、配布物の作成も頼めそうです。

・・・あれ?
私、やることなくない?

まぁ、あくまで「副」委員長なので、全力で委員長さんのサポートをしていく所存です。
今年一年、頑張りまする。

しかし、あみだって・・・。
こんな時に当たらなくてもねぇ・・・。


それでは。


↑トピシュさんの記事でも紹介されていた本、今更だけど読んでおこうかなぁ・・・。
初心者でも分かるPTA ~マクロ編(全国組織、歴史、議論になる背景、地域差)~ - 斗比主閲子の姑日記
なぜいまPTAなのか - 斗比主閲子の姑日記


↑最近、なんかしらずっと聴いてる。