読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

一本のジュース

子供のこと 日常

↑自販機で500mlのペットボトル160円。


こんばんは、りょうです。

保育園から家までの帰り道に、自動販売機がいくつかあります。
だいたいの場合は見向きもせずに通りすぎるのですが、たまに子どもたちの目にとまるらしく、「ままー、ジュースかって〜!」とねだられる時もあります。
そんな時は、「じゃー、今度ねー」「いい子だったらねー」と、はぐらかして帰るのが常でした。

今日も、次男に「ままー、ジュースのみたい」とねだられました。
自分でもよくわからないのですが、買ってもいいかな、という気になりました。
何せ、ここまで「今度ね」「今度ね」というだけで、その「今度」は果たしていつ来るのか、という状態だったのです。
まぁ、完全に気まぐれなのですが。

長男と半分ずつ仲良く飲むこと。
家に帰ってから飲むこと。
家に帰ったら、すぐに手を洗ってから飲むこと。
その辺を約束させてから、ジュースを買いました。

ガチャン。
出てきたジュースを次男が自販機の取り出し口から取り上げると、それはそれは嬉しそうに笑うのです。
「やったー、ジュースだあ〜!」

その喜びようったら。
160円でここまで喜んでもらえるなら、いくらでも買ってあげたくなるような喜びようでした。
ちょっと、今まで「今度」「今度」ではぐらかしてきた罪悪感。
でも、「今度」「今度」で我慢したからこその喜びかもしれないなぁ、とも思ったり。

平日はジュースを与えることは殆どないのですが、休日はジュースもよく飲んでいるし、ジュース自体を与えてないわけではないのです。
平日の、保育園の帰り道に買ってもらえたジュース、というものに、次男にとっての価値があったのかなぁ、なんて。

その後、もちろん、帰宅もスムーズ。
約束通りおてても洗って、保育園で使った水筒も流しに置き、タオルは洗濯機に入れ、小さなコップに二杯、ジュースを飲みました。
後から帰ってきた長男にもおお喜びで「ジュースあるよ!!」と伝えて、仲良く飲んでいました。
まぁ、いい子だったのはその辺まででしたけどね(笑)

たまにはジュースを買うのもいいもんだな、なんて思いました。
ちなみに、ジュースはまだ半分残っているので、明日も楽しめそうです。
ジュースの効力で、明日もスムーズに帰宅できるかしら?


それでは。

横綱鶴竜に結びの一番で!!