読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

金平糖の魔法

↑さすがに今夜は眠くない。


こんばんは、りょうです。

最近「疲れた」を連呼してばかりいる私ですが、今日もまた疲れております。
というか、ここのところ朝の体調が芳しくありません。
出勤してしばらくすると上向きになり、夕方になると緩やかに下降していき、寝かしつけの時間には睡魔に襲われる、と。
なんやろなー。
昨夜はしっかり寝たから、すっきり起きれても良さそうなもんなのになぁ。
おそらくは、女の子の月のモノも関係していると思われるので、しばらくは致し方ないか。

そんなこんなで、どうも育児における沸点も低くなりがちで、ちょっとしたことでイライラしております。
この辺、なかなかコントロールできなくてツライです。

昨日、今日と金平糖の力を借りてなんとか騙し騙しやってます。
すなわち、モノで釣る戦法であります。
いろいろ思うところはあるでしょうが、イライラをぶつけるのもぶつけられるのもしんどいので、金平糖で平和になるのなら、ソッチの方が幾分マシでしょう。

昨日は、もうじき来るパパの誕生日に備えるべく、子どもたちを連れてプレゼントを買いに行きました。
長男の提案で、ネクタイを買うことにしたのですが、どの柄を買うかで長男と次男の意見が対立。
予算的に、長男のネクタイなら二本、次男のネクタイなら一本買える。
両者譲らないので、ジャンケンで決めることに。
結果、長男が勝ったので、長男のネクタイを買うことにして、次男にもう少し安めのネクタイコーナーから選ぶよう促すも、予算のことなど理解できない次男は多荒れ。
店員のお姉さん、その節は大変なご迷惑を・・・。

なんとかなだめすかして、妥当な値段のネクタイを次男に選ばせ会計を済ますも、次男のご機嫌は戻らず。
「わしゃあ、ここから一歩も歩かんで。かあちゃん抱っこせいや」の姿勢。
その時に、ちょっと離れたコーナーに、お菓子が売られているのを発見。
「あっちになにか売ってるよー?」の声に、やっと動き出す次男。
いろんなお菓子が並んでる中、二人が選んだのが金平糖
次男に「ちゃんと歩いて帰るんだよ」と言い聞かせて、一袋ずつ購入。
緑や青がメインの袋もありましたが、長男はオレンジ、次男はピンクがメインの袋をチョイス。
かわいい(笑)

無事に帰宅し、金平糖をふた粒。
残りはご飯を食べたらね。
最近、10までの数が数えられるようになった次男は、「ごはんたべたら、10個食べていい?」と聞き、食後には「いーち、にーい、さーん・・・」と数えながら、美味しそうに食べていました。

翌朝、長男と次男がパパにプレゼントを買ったことを喋ってしまうのではないかとドキドキしてましたが、長男も次男もそこには触れず。
ちょっと前の長男なら、早くパパに渡したくてポロッと言ってしまったり、「昨日は、何も買わなかったよー」などと、バレバレの言わなくていいことを言ってたのですが、それもありませんでした。
どうやら、ナイショにすることを覚えたようです。
次男は、多分プレゼントを買ったことよりも、金平糖を買ったことやその後チーズを試食した事の方が印象に残ってたようで、そのことをパパに話してました。
まぁ、お店に行ったのはバレバレですが、果たしてパパがそこで何かを察したかどうか・・・(笑)

そして今日の帰り道も、お昼寝をしなかったようでグズる次男に、「おうちに帰って金平糖を食べよう!」の言葉で誘い、平和に帰宅。
食事中はグズグズだったりもしましたが、なんとか完食して、食後にはまた金平糖を食べました。

金平糖の残りはあと半分くらい。
魔法が溶ける前に、体調が戻るといいなぁ。
明日明後日とのんびり過ごそう。

疲れた時には甘いもの。
私も明日は二人に金平糖を分けてもらおうかな。


それでは。

↑なんかもう、アカン。