読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

小2長男と年少次男のディズニーランドデビュー

↑海風強し。


こんばんは、りょうです。


てなわけで。
忘れないうちに当日のスケジュールを記事にしておこうかと思います。

7時起床。
7時15分朝食。
8時15分出発。
8時30分到着。(この日は開演時間が8時30分)
到着すると、ゲート前にそれなりの人。
でも、多分普段の込み具合からしたら序の口。
ペンションで、荷物を園内で使うものと使わないものに分けておいて、使わないものはコインロッカーへ。
コインロッカーは、最寄りの舞浜駅、ディズニーランドのゲート手前、ディズニーランドのゲート入ってすぐのところにあります。
結構な数あるし、いろんな大きさのロッカーがあり、両替機も設置してありいたれりつくせり。

荷物を預けたらいよいよ入場。
チケットは事前に持ってたので、そのまま列に並んで、五分くらいで入れました。

入場したら、まずはモンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”のファストパスをゲット。
11:40〜12:40のファストパスでした。
プーさんのハニーハントと迷ったのですが、子どもたちがモンスターズインクの方がいいとの事だったので。

ファストパスをゲットしたあとは、私と長男はスプラッシュ・マウンテンへ。
この時点で60分待ち。
でも、その後はずっと100分待ちだったので、一番初めにチョイスしておいて正解でした。
次男と旦那さんは絶叫系が苦手なので、別行動。
待っている間に、グランドサーキット・レースウェイやドナルドのボート、アリスのティーパーティーに乗った様子。

合流後は、キャッスルカルーセル(5分待ち)、空飛ぶダンボ(35分待ち)、ホーンテッドマンション(20分待ち)、イッツ・ア・スモールワールド(5分待ち)に乗りました。
ホーンテッドマンションは長男も次男もビビってました。
特に次男は、翌日も翌々日も「おばけやしきこわかったねー」って言っていたので、かなり怖かったのかも(笑)

この時点で12時位。
ファストパスをとった、モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”に乗りに行きました。

乗り物についている懐中電灯でヘルメットを照らしてモンスターを探すアトラクションなのですが、結構激しく動いてました。
次男は、懐中電灯を握りしめて固まってましたが、楽しかったようです。

その後は、モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”を出たあたりにあるパン・ギャラクティック・ピザ・ポートでお昼。
ピザやカルツォーネなどの軽食がありました。
席もすぐ見つかり、そんなに並ばずに購入できました。
我が家は、ピザ二枚にカルツォーネ三個をペロリと平らげ、おやつには


リトルグリーンまんを食べました。
7月からフレーバーが変わり、黒蜜、いちご、チョコレート味で、もちもちした生地の中に、それぞれのクリームが入っていました。
美味しかった。

ここまでで結構へたばっていた次男は、ピザなどはあまり食べたがらず、持参したお気に入りのチョコパンを食べました。
幼児を連れて行く場合は、気に入る食べ物をゲットできなかった時に備えて、鉄板の軽食を持参しておくと良さそうです。
腹ごしらえ、大事。
ついでに、近くのワゴンで

アイスキャンディーとポップコーンを食べました。
この間に、パパがどうしてもスターツアーズ(5分待ち)を観たいというので、パパだけ観に行ってました(長男を誘ったけどふられた。次男は身長制限(102cm以上)で無理)

ゆっくりめのお昼休憩を終え(14時前くらい)て、午後イチにチョイスしたのはカリブの海賊(5分待ち)
と、その前に、通り道だったワールドバザールで、七夕の短冊を書きました。


長男。

次男。

カリブの海賊は、次男には少し怖かった様子。
後で、「かいぞくこわかったー」と言っていました。
その後は、ウエスタンリバー鉄道(5分待ち)。
油断してましたが、最後の方に屋内の恐竜ゾーンがあり、次男はやっぱり怖かったみたい。
ビビり屋さんの次男です。
それで懲りてしまったのか、次に蒸気船マークトゥエイン号(10分待ち)に乗ろうとしたところ、「もう、のりもののらない!」と言われてしまいました(苦笑)
結局は説得に応じてくれて無事に乗船。
楽しんでくれたみたいで良かったです。

その後はトムソーヤ島いかだ(待ちなし)でトムソーヤ島へ。
これは、男子連れならかなりオススメ。
初めてトムソーヤ島に行きましたが、探検要素がたくさんあって、子どもたちも大興奮で走り回ってました。
こんな小屋もありました。
ネットの奥でピースをしてるのは、幽霊ではなく長男です(笑)
洞窟もあるのですが、ちょっと暗くて長くて、やっぱり次男は怖がってました。
後で知ったのですが、この島限定のパフェもあるんだとか。
16時くらいまで遊び、島をあとにしました。

最後にチョイスしたのは、やっぱりはずせない、ジャングルクルーズ(20分待ち)。
船長がイケメンで面白かったです。
次男は、これが一番気に入ったみたいでした。

16時半過ぎにディズニーランドを出ました。
コインロッカーに荷物を取りに行き、おみやげ屋さんへ。
かなり疲れ果てていたので、おみやげはディズニーランド内では探さず、舞浜駅に行く途中にあるボン・ヴォヤージュで。
主要なおみやげが揃っているので、こちらの方が探しやすかったです。
長男と次男に一つずつおみやげを買う約束をしていたので選ばせると、長男はディズニーリゾートラインのナノブロック、次男は、ディズニーシーを走ってる鉄道のプラレールを選びました。
なんだかんだで、おみやげに諭吉さんが旅立って行きました(苦笑)

晩ごはんは、少し早いですが、イクスピアリのフードコートで食べました。
17時半くらいだったので、まだ席にも余裕があり、ゆっくり食べられました。
子どもたちはうどん、私は豚丼、パパはうどんと焼きそばを食べました。

フードコートだと、みんなの食べたいものがバラバラでも大丈夫なので助かります。
お値段も手頃でした。

余談ですが、前日の夜ご飯は新浦安駅前のイオンのフードコートでした。
こちらも、お値段も手頃でいろんなお店があって、とてもよかったです。
雰囲気はちょっと寂れた感じでしたが(苦笑)

そして、18時半頃の電車に乗り、舞浜駅を後にしました。
帰り電車では、長男次男はもちろん、私も爆睡でした。
座れて良かった。

7月の一週目の日曜日という日が良かったのか、そこまでの混雑もなく、ディズニーランドをしっかり満喫できてよかったです。
海風が強く吹いていて、真夏の暑さではありませんが、途中何度も水分補給はしました。
ワゴンもそこまで混んでいなかったので、ほしい時にすんなり買えて良かったです。

最後に、参考にしたサイトのご紹介。
なんと言っても公式サイト。
日取りを決めるのに参考にしました。
このサイトによると、私の行った日の混雑予想は「普通の平日レベル」でした。
当日、次にどの乗り物に乗るかの選択に役立ちました。
リアルタイムで、乗り物の待ち時間と、ファストパスの時間を知ることができます。
今回はあまりファストパスを活用できなかったので、次はもっとファストパスも駆使したいなぁ。

そんなこんなで、子連れディズニーランドデビューは無事に成功したのでした。
園内地図をもらって帰ったのですが、今日も二人で何乗った、あれに乗ったと振り返っていました。

楽しい思い出として記憶に残ってくれれば、連れて行ったかいがあるというものです。
行くまでは面倒で躊躇していましたが、いざ行ってみれば、やはり夢の国。
いい夢を見せてもらいました。

よし。
つぎはディズニーシーだな!


それでは。

↑どうせ汗やら汁やらでベショベショになるしね?