読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

文字だけで言いたいことを伝えるということ

↑難しいよねぇ。


こんばんは、りょうです。

常々思っていることではあるのですが。
文字だけで自分の意図する通りに相手に物事を伝えるのって、難しいですよね。
いや、面と向かって喋っていたって難しいんですよ。
でも、イントネーションとか、表情とか、身振り手振りで表現できる分、ニュアンスは伝わりやすいと思うんですよ。
まぁ、そのへんの表現が下手で誤解されるとか、咄嗟の切り返しができないとか、そういうのもあるとは思いますけど。

文字はそのあたりの装飾がない文、ストレートに相手に伝わりがちなので、例えばメールの文面なんかは、とても気を使います。

例えば、
「ばか」
という単語一つとっても、
「ばか」「バカ」「馬鹿」
ひらがなかカタカナか漢字かってだけで、印象がだいぶ変わります。
「ばか」「ばか!」「ばか?」
末尾に「!」「?」がつくだけでも、印象が変わる。

さらに
「ばかじゃない」
「ばかじゃない!」
「ばかじゃない?」
だと、それぞれで意味も変わってくる気がしませんか?
「ばかじゃない」だと、「ばか」であることを否定してる感じにも受け取れます。
「ばかじゃない!」だと、ムキになって否定してるのかな?それとも、怒ってるのかな?っていう印象。
「ばかじゃない?」だと、上から目線でバカにされてる印象。もしくは、自分に向けて言っているのであれば、自嘲してる感じでしょうか。

同じ単語でも、表記や末尾に記号をつけるだけで、全然違った表現になる。
文字だけで何かを伝えたいと思ったら、この辺の表記方法をできるだけ有効に使って、できるだけ自分の意図するニュアンスで伝わるようにと、気をつけているつもりです。
なので、私のメールやLINEの文章には、絵文字や顔文字が多用されてます。
相手にウザいと思われないように気をつけてはいますが・・・。

ビジネス文書だと、絵文字や顔文字が使えないので、余計に気を使いますね。
言い回し一つで相手に与える印象がだいぶ変わりますから。
このブログはビジネス文書ではないですが、最近はなるべく顔文字は使わないようにしようと心がけています。
「!」や「?」は多用してますがね(笑)

あぁ、この(笑)とか(泣)とかも、ニュアンスを伝えるのに一役買ってくれてますよね。
もちろんこれも、おかたい文章を書くときには使えませんが。

その時その場面その相手によって、使える表現は変わってきますが、使える表現を駆使して、できる限り相手にわかりやすい文章を書けるように、これからも心がけていきたいと思いました。
難しいけどね・・・。


それでは。


↑うん、いいんだ、いいんだ、似てるよね・・・ね・・・。