読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

なりたい自分に見合った行動をしよう

↑人生谷底中。


こんばんは、りょうです。

最近、会社の朝礼で上司に言われてストンときた言葉がありまして。
「なりたい自分に見合う行動をしなさい」と。
これ、当たり前のように思えますが、案外できていなかったりするなぁ、と。

私は営業職をやっていまして、当然営業成績をつけられ、それに応じたお給料をいただいているわけです。
営業成績とは面白いもので、その仕事量だったり仕事内容に見合って上がったり下がったりするんですよね。
しっかり仕事ができていた月は成績も上がるし、気分が乗らずについサボっちゃったりすると、如実に結果にあらわれる。
ごくたまに、ラッキーなことが起こることもあるけれど、それも元を正せば自分が種を撒いておいた結果だったりする。
「営業に偶然はない、すべて必然である」とも、その上司は言ってましたっけ。

30万円が欲しければ、30万円分の仕事を。
100万円が欲しければ、100万円分の仕事を。
文字にしちゃえば当たり前。
でも、日々の仕事に追われてると、ちょっと疲れが溜まってくると、つい忘れてしまう。

私は弱くて怠け者なので、常に「10万円分の仕事で100万円稼げたらなぁ」と思っているのですが、現実にそんなことはないですよね。
宝くじでさえ、買わなければ当たらないんです。
自分で行動しない限り、ラッキーも訪れない。

今の自分は今まで行動してきた結果だし、未来の自分はこれからの行動の結果でしかない。
しっかりとした「目標設定」と「それに見合った行動」をしなければ、思うような自分にはなれないんですよね。
(私は志の低い人間なので、「目標設定」自体が低すぎるのが問題なのですが・・・)
この「目標」に対して「それに見合った行動」がどういうことなのかを、常に考えて実行していくことが大事なんですよね。

何かの競技で一位になりたいと思えば、参加者の誰よりも練習しないと一位にはなれない。
天賦の才とか関係ない。
一日一日の積み重ね。
違うのはスタートがどこにあったか、ということなのかもしれない。
楽して一位をとったように見えるあの人は、自分よりも早く始めてただけなのかもしれない。
そう考えると、やっぱり努力しかないよなぁ、なんて。

仕事もプライベートも、不平不満ばかり言ってないで、なりたい自分があるのなら、そこに向かって行動していかねばならないのだなぁ。
私はこれから、どんな自分になりたいのだろう?
そもそものそこからして、今の私には欠けている気がするのだけど。

半年後、一年後、五年後、十年後、私はどうなっているだろうか。
とりあえず、半年後の自分を想像して、それに見合った行動を、今からしていこうと思う。
さて、果たして・・・。


それでは。

↑明日も隠岐の海が勝つ気がする。