読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

平成二十八年九月場所七日目

お相撲

↑今日は割とじっくり観戦できた。


こんばんは、りょうです。

九月場所、盛り上がってます。

今場所前半の話題はなんと言っても、前頭筆頭隠岐の海(おきのうみ)の活躍でしょう。
横綱大関をやぶる大活躍。
初日から破竹の勢いで六連勝。
今日は、同じく六連勝の大関豪栄道(ごうえいどう)との対戦に、残念ながら負けてしまいましたが、これで横綱大関戦は終わったので、後は関脇以下の力士としか当たらないことを考えると、十分優勝を狙える成績です。
とはいえ、私の印象では隠岐の海は上位には強いけど下位には負ける、という不思議な力士なので、もしかしたらここから連敗・・・ということもあるかもしれません。
いやいや、今場所前は、今まで以上に熱心に稽古していたというし、明日からも頑張ってそのイメージを払拭させて欲しいです。

さて、そんなわけで、現在優勝争いトップは全勝の大関豪栄道
綱取りの大関稀勢の里(きせのさと)の影で、全くと言っていいほど注目されていませんでしたが、今日の相撲を見ても、大関らしい強い相撲を取れているようです。
今場所は負け越したら大関陥落というカド番で挑んだ場所だったのですが、勝ち越しどころか優勝が見える活躍をしています。
序盤で二つ星を落としてしまった稀勢の里を横目に、一気に優勝をかっさらうか?!
ただ、豪栄道隠岐の海と違って、これから横綱大関戦を迎えるので、そこでどれだけ実力を発揮できるかが鍵になるかな。

隠岐の海以外の一敗は、横綱日馬富士(はるまふじ)、遠藤(えんどう)の二人。
連覇を目指す日馬富士か、怪我から完全復活したのか下半身がとても安定していて調子の良さそうな遠藤か。
特に遠藤は幕内でも下位の力士としか当たらないはずなので、虎視眈々と優勝を狙って欲しい!
ただ、明日は私のイチオシ勢(いきおい)との対決。
あぁ、どっちにも勝って欲しい!!

その他、豪栄道の今後の対戦相手なども考えると、今二敗の力士にも十分優勝の可能性が残っていると思います。
二敗の力士は、稀勢の里をはじめ、まだたくさんいますからね。
ここから星を落とさず、優勝争いに食い込んでいって欲しいです。

絶対王者横綱白鵬(はくほう)がいないからから、全体的に誰が優勝してますおかしくない雰囲気。
平成二十四年の旭天鵬(きょくてんほう)優勝依頼の、平幕優勝が観られるかも?

力士の方はたまったもんではないかもしれませんが、ファンとして相撲を観るなら、やはり優勝争いはもつれた方が面白い。
普段なかなかスポットのあたらない力士にも陽の光があたるチャンスなのでみんなに頑張って欲しいです。


そうそう、十両で注目していた宇良(うら)は二連勝の後五連敗。
いろんな力士に研究されてしまったのか、なかなか相手の懐に潜り込めずに苦戦中です。
負けが続いて、少し動きも鈍っている気がします。
苦しい時期だとは思いますが、なんとか乗り越えて欲しいです。

アキレス腱断裂の大怪我から復帰した安美錦(あみにしき)は四勝三敗で白星先行。
なんとか勝ち越せるといいのですが、それよりも何よりも、怪我が悪化しませんように!

優勝争いは、絶好調の阿武咲(おうのしょう)が七戦全勝。
石浦(いしうら)、千代大龍(ちよたいりゅう)が一敗で追う展開です。
千代大龍は膝の怪我があまり良くなさそうなのですが、幕内の経験も活かしてここからどこまで白星を重ねられるか。
十両の取り組みも見逃せません。

とにかく、見どころ満載の九月場所。
明日の夕方も、
チャンネルはNHKで!!!


それでは。

↑どっちを応援したら・・・!