読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

人間関係に疲れてきた

ぐちぐち 日常

↑しょうがないじゃん、好きなんだもの。


こんばんは、りょうです。

私は、基本的には、何か対人トラブルなどがあった時には、「相手にも何かやんごとない事情があったのだろう」と思うようにしています。
相手を責めてもどうしようもないことが多いし、いちいち腹を立てていても仕方ないですからね。
一応、誰に対しても同じように接しているつもり、というか「誰が」よりも「何が」を見るようにしているので、誰がやってもそこまで反応は変わらないつもりです。
起こったこと、やられたことに対しては腹を立てることもありますが、その人自身に対してどうこうという感情はあまりありません。
もちろん人間なので、「好き嫌い」、というよりは、「合う合わない」はありますが。
そんなわけで、人に対してあまり「嫌い」という感情を抱くことはないのですが、自分の好きではない行動を多く取る人物からは距離を置くようにはしています。
しかたない、人間だもの。

ただ、同じ行いをしたとしても、その行いに対して腹を立てる度合いというのは、誰がやったかで違ってくるかもなぁ、と、最近思ったり。
それって、個人的な好き嫌いも影響は刷るのですが、キャラクターだったり、日頃のおこないによるところも大きいなぁ、なんて。

周りにもいませんか?
しょっちゅう失敗するのに、なぜかみんなから許されちゃう、憎めないキャラの人。
逆に、滅多に失敗しないのに、たまに失敗すると悪目立ちしちゃっていたたまれない人。
なんというか、やっぱり世の中不公平だよなぁ、とは思うのですが。
日頃の行いとか、キャラクターとか、そういうのってありますよねぇ。

あと、日頃コミュニケーションが取れていると、何か失敗しても許してもらいやすかったり。
ただし、これは逆のパターンもあって、あれだけコミュニケーションとってるのに、なんでこんな失敗するんだよ!ってなることもありますけどね。
期待を裏切られる感覚ですかね。

この辺、同じ立場の者同士ならそこまで意識しなくてもいいかもしれませんが、上司と部下の立場になると、不公平感を抱かれないような対応が必要になってくるから難しいなぁと思う。
平等って難しいけど、でもできるだけ平等で中立の立場を保たないといけない。
複数の部下をもつ場合、相当のバランス感覚が必要になるんだろうな。
上には立ちたくないもんだ。

人間関係って、本当に難しいなぁ。
正論と善意とキレイ事だけじゃ回らない。
ホント、キレイ事だけじゃないんだよなぁ。
あー、難しい。
こんがらがるから、考えるのやめよう。

今日はこれから源ちゃんのドラマ。
楽しみなり!


それでは。

↑言いたいことも言えないこんな世の中じゃ。