読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

とうとう整形外科に行ってきた

↑まさか自分が・・・。


こんばんは、りょうです。

この世に生を受けてから三十数年。
腰痛なんて他人事だと思ってた。
ぎっくりで休んでる同僚の話を聞いて、「大変だなぁ〜」なんて思ってた。
そもそも、腰痛なんてお年寄りのものだと思ってたのに!!

とうとうきましたよ。
私にも、その時がね。
思ってたよりもだいぶ早かったなぁ・・・。

最初の腰痛は一ヶ月以上前。
痛いなぁと思いつつ、騙し騙し、ロキソニンとかも飲んでみたら、一週間ちょっとでも治ったみたい。
ロキソニンが効いたわけではなさそうなんだけどね。

しかし、ここ数日、その時の腰痛が再発。
何が辛いって、靴下やストッキングを履くのが辛い。
痛い。
なんてことだ。

慢性化するのも困るし、これ以上ひどくなるのも困るし。
でも、日常生活で困るのは、靴下やストッキングを履くときと、ちょっと重そうなものを持ち上げるときくらいなんだけど、こんな軽症で受診なんてしていいの?
問診とかで「これは痛いですか?」とか聞かれながら腰とか押されても、「痛くないです」って、答えてる自分しか想像できないんだけど・・・。
チキンなので、いろいろドキドキしながら、近所の整形外科に行きました。

おじいちゃんおばあちゃんばかりかと思っていたら、若そうな男性もいたりしてちょっと安心。
また、インフルエンザの予防接種もやってるようで、中学生か高校生の親子連れもいました。
なるほど、整形外科なら風邪とか感染する病気の患者さんはいないだろうし、いい選択かもしれない。

診察は、レントゲンと足を上げ下げしたり、腰を押したりしながら痛みがないかの確認をしてもらって、腰を暖めてほぐしてもらって終了。
レントゲンをみたら、背骨?が素人目でみてもわかる程度に曲がってました。
一番椎間板ヘルニアになりやすいところらしいです。
とりあえず、見た目にわかる症状があって良かったようなそうでもないような・・・。

腰に負担がかかる動作とか、腰にいいストレッチとかが書いた紙と、湿布とクリームをもらって帰ってきました。
湿布は、昔手首を痛めた時に市販のモノを貼った時に、ヒリヒリし過ぎて泣きそうになったトラウマがあるので、ドキドキします。
お風呂あがりに早速貼ってみましたが、案の定ヒリヒリします。
そういうものなんですかね?
大人になって、耐えられない程ではないのですが、どうなんだろ、これ、いいのかな?

湿布が処方されるときに、一応先生に相談してみたのですが、部位によっても感じ方は違うし、とりあえず試してみようということで処方してもらいました。
また、次に行った時に聞いてみよう。
でも、全然ヒリヒリしないのも、それはそれで効いてない感じもするし、湿布とはそういうものなのかもしれない。
耐えられなくなるまで、貼ってみてみよう。

それにしても、やっぱりとりあえず診察を受けると安心しますね。
先生も優しそうなおじさまだったし、もしこれがなかなか治らなかったり、悪化したりしたら、また受診したいと思います。
腰痛、慢性化するのは勘弁なので、ここでしっかり治しておきたい。
しばらくは、なるべく重いものを持ったりしないように、安静に過ごします。
とはいえ、仕事では重い営業カバンを持ち歩かないといけないですけどね・・・。
仕事・・・。
ぬおー!!!!!(謎の雄叫び)


それでは。


↑こういうのは効くのかしらね?


↑ヒリヒリヒリヒリヒリヒリヒリヒリヒリヒリヒリヒリ・・・。