読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

平成二十八年九月場所が終わりました

お相撲

↑千秋楽。


こんばんは、りょうです。

タイトル通り、九月場所が今日で終わりました。
あっという間の二週間でした。
結果は、昨日記事にしたとおり、大関豪栄道(ごうえいどう)の優勝、しかも全勝での優勝で幕を下ろしました。
カド番からの全勝優勝は史上初、初優勝で全勝なのは平成六年の武蔵丸(むさしまる)以来と、珍しいことづくめの優勝でした。
改めて、優勝おめでとうございます!!
これで、来場所は大事な綱取りの場所となります。
この好調を維持して、一気に横綱まで登りつめることができるか?
楽しみです。

今場所、綱取りが期待されていた大関稀勢の里(きせのさと)は、終わってみれば10勝5敗。
なんとか白星を二桁にのせたところはさすがですが、これで綱取りは一旦白紙です。
プレッシャーから解放されて、のびのびとした相撲が取れることを期待します。
また、現在年間最多勝一位ということで、こちらの行方も気になることころです。
九月場所終了時点で、
稀勢の里 57勝
日馬富士 56勝
白鵬 51勝
豪栄道 47勝
日馬富士星一つ差なので、まだどうなるかはわかりませんが、こちらも注目していきたいです。
もし万が一、来場所優勝せずに最多勝を取れば、史上初のことになるとか。
年間通してここまで安定した白星をあげられるのに、どうして優勝できないのか・・・。
大一番をことごとくものにできない稀勢の里の弱さが如実にあらわれてしまっている記録です。
今回の豪栄道の優勝で、現役大関の中でまだ優勝経験がないのは稀勢の里だけに。
思うところはいろいろあると思いますが、これを発奮材料に、来場所こそは!

三賞は、殊勲賞が二横綱大関を破った隠岐の海(おきのうみ)。
勝ち越せて良かった!
来場所は、関脇になりそうです。
敢闘賞が二横綱大関を破り二桁の白星をあげた関脇高安(たかやす)。
先場所も11勝しているので、来場所の成績いかんでは大関昇進もありえます。
技能賞は最後まで優勝争いに加わっていた遠藤(えんどう)。
怪我を克服し、最後まで落ち着いた相撲で13勝2敗。
成績だけ見れば、優勝しててもおかしくない成績です。
来場所は、番付をかなり上げて、横綱大関ともあたると思われるので、復活した遠藤がどこまで通用するのか、とても楽しみです。

その他、個人的な注目ポイントとしては、御嶽海(みたけうみ)が10勝5敗の好成績で、来場所の新三役が濃厚なこと。
上位初挑戦で負け越しはしましたが、貴ノ岩(たかのいわ)がなんだかすごく強くなった感じがしたこと。
前半上位戦がが続き、七連敗だった正代(しょうだい)が終わってみれば7勝8敗と、負け越しはしたものの、それなりの成績で千秋楽を終えたこと。
このあたりでしょうか。

十両は、大輝(だいき)が優勝し、来場所の新入幕がほぼ確定しました。
まだ大銀杏も結えないほどのスピード出世です。
来場所は、幕内で初の大銀杏姿がみれるかな?

注目していた宇良(うら)は六勝九敗。
途中、五連敗があり心配しましたが、今日の相撲は宇良らしい機敏な動きで躍動感ある相撲が取れていました。
今場所の負け越しを教訓に、また来場所頑張って欲しいです。

アキレス腱断裂の大怪我での休場明けの安美錦(あみにしき)。
正直、これ以上怪我を悪化させなければ万々歳だと思って見守ってきましたが、千秋楽でまさかの嬉しい勝ち越し。
番付はかなり下がってしまっているので、来場所の幕内復帰は難しいですが、来場所にそれなりの成績を上げれば、幕内復帰できる番付までは上がるはず。
思ったよりも、幕内復帰が早まるかもしれません。
お休み中に怪我を治して、強くて巧い相撲をたくさん見せて欲しいです。

先場所負け越し、どうしたかと心配していた佐藤(さとう)は、今場所は今場所も二連敗からのスタートで心配しましたが、終わってれば10勝5敗の二桁勝利。
来場所は新入幕が目指して頑張って欲しいです。

今場所を見てつくづく感じたのは、怪我の怖さ。
怪我であれだけ苦しんでいた豪栄道や遠藤が、怪我が快方に向かった途端にこの成績。
今場所幕下優勝の山口(やまぐち)も序ノ口優勝の舛ノ山(ますのやま)もかつては幕内まで上がったものの、怪我で番付を下げていましたが、やっと復帰できた様子。
逆に、あれだけ強かった照ノ富士(てるのふじ)が膝を怪我してからというもの、今場所も4勝11敗と信じられないような成績。
逸ノ城(いちのじょう)も千代鳳(ちよおおとり)も誉富士(ほまれふじ)も怪我で休場。
幕内で活躍していた大砂嵐(おおすなあらし)も怪我で苦しみ、豊ノ島(とよのしま)は今場所も全休で、来場所は幕下まで番付を下げる見込み。
本当に怪我は怖い。
横綱白鵬(はくほう)があれだけの記録を打ち立てられたのも、圧倒的な怪我の少なさ。
体質だったり、鍛錬だったり、運だったり、いろんな要素が絡み合ってのことなのでしょうが、怪我で満足に相撲が取れないことほど、悔しいことはないと思います。
怪我をしたくてする力士はいないですが、本当に、みんなが怪我をせずに15日間を終えられるのが、一番の願いです。
今、怪我している力士の怪我が一日でも早く癒え、本来の元気な相撲を見せてくれるよう、願ってやみません。
今場所は特に休場の力士が多かったので、来場所は全員出場できたらいいな。


そんなわけで、来場所は一年の締め括りの九州場所
白鵬も帰ってくるでしょうし、豪栄道の綱取りに高安の大関昇進の行方は?
遠藤、勢(いきおい)、千代の国・・・(以下略)書ききれないくらいの個人的ご贔屓力士の活躍は?
今から楽しみで仕方ありません。
とりあえず、明日からの相撲ロスの埋め方を考えたいと思います(笑)


それでは。

↑幕内優勝表彰式の注目ポイント(笑)

豪栄道豪太郎初優勝!!

お相撲

↑これは遠藤が勝った時のツイート。


こんばんは、りょうです。

ということで。
豪栄道が玉鷲を寄り切りで破り、自力で初優勝をもぎ取りました!

二敗の遠藤が負けても優勝が決まる展開でしたが、遠藤が高安に勝ったので、優勝は豪栄道の白星で決まりました。
まさに、理想の展開。

玉鷲戦では、玉鷲が立会いで変化してあっさり勝っちゃったりしないかなぁ、と、ちょっと意地の悪いことを考えたりもしましたが、両者しっかりぶつかったあとに、豪栄道が一気に潜り込み得意の形に。
とてもいい相撲で優勝を決めました。

あとは、明日の千秋楽で琴奨菊に勝って、全勝優勝を決めるのみ。
Go!Go! 豪栄道!!

しかし、優勝は逃したとはいえ、遠藤は完全復活。
とても美しい相撲をみせてくれました。
来場所は番付をかなり上げるでしょうし、活躍が楽しみです。

そうそう、前半あんなに活躍してたあと、失速中の隠岐の海でしたが、なんとか今日勝ち越しを決めました。
良かった。
これで、三賞の受賞も可能性ありです。

あとは、私の大好きな勢が7勝7敗で明日の土俵で勝ち越しか負け越しが決まるので、ドキドキしながら見守りたいと思います。
相手はちょっと分の悪い魁聖と。
なんとか勝って、勝ち越して!!

十両安美錦も、大砂嵐にさすがの上手い相撲で勝って、明日の取り組みで勝ち越しを狙います。
大怪我してからの復帰の場所で勝ち越しを決められるか?
すごいぞ、安美錦!!

そんなわけで、優勝は決まっても、まだまだ見どころ満載の九月場所。
明日の夕方も、
チャンネルはNHKで!!!


それでは。

↑相撲観戦の醍醐味。

豪栄道豪太郎初優勝!?

お相撲

↑しゅごい。


こんばんは、りょうです。

・・・一体、場所前に誰がこんな展開を予測したでしょうか?
全く注目されていなかった(失礼)カド番の大関豪栄道(ごうえいどう)が、二人の横綱を倒して十三戦全勝。
一敗の力士はおらず、二敗に平幕の遠藤(えんどう)がいるのみなので、遠藤が負けるか、豪栄道が勝てば、明日には優勝が決まります。
というか、もうここまできたら、豪栄道は明日も勝つでしょう。
いや、勝ってくれ・・・頼む!!

まるで相撲の神様が憑依したかのごとく、今場所の豪栄道は強い。
初場所大関琴奨菊(ことしょうぎく)が優勝したときも感じましたが、流れというか、風が、吹いている。

今日の横綱日馬富士(はるまふじ)との直接対決に、自身の得意技の首投げで勝利。
ちなみに、首投げは不利な体勢から捨て身で打つ一発逆転の技で、追い込まれてしまってから繰り出す技なので、得意技としてはあまり褒められるような技ではありません。
それが、この、大一番でキレイに決まるなんて。
さすが豪栄道
外野になんといわれようと、自分の信念を貫き通すというのも、時には大事なようです。

兎にも角にも、今場所の豪栄道は強い。
追い風が吹いている今優勝しなくて、いつするんだ。
ということで、明日の玉鷲(たまわし)戦、明後日の(おそらく)琴奨菊戦、ともに勝ち、ぜひとも全勝優勝をして欲しいと思います。

・・・頼むから、残り二日ころっと負けて、遠藤と優勝決定戦とか・・・それも見てみたいけど・・・いや・・・やっぱしそれは・・・ね・・・?

さて、優勝はほぼ決まりとして、前半注目されていたあの力士の現在は?
ってことで、前半で二横綱大関を破った隠岐の海(おきのうみ)ですが、なんと、まだ勝ち越していません。
これぞ、隠岐の海クオリティー。
ここまでくると、ある意味立派でございます・・・。
勝ち越せば、三賞受賞も見えてくるし、なんとかあと一勝・・・!!

十両で注目していた宇良(うら)は残念ながら負け越しが決まってしまいました。
やはり、幕内の壁は厚かった。
だいぶ研究されている感もあるので、しばらくは苦戦するかもしれません。
それでも、最後まで諦めない姿勢などは、見ていてとても楽しいです。
怪我に気をつけて、これからも頑張って欲しいです。

アキレス腱断裂の大怪我で十両に下がっていた安美錦(あみにしき)はなんとか六勝をあげ、十両残留が濃厚になりました。
十両と幕下では、お給料も扱い*1も雲泥の差らしいので、本当に良かった。
同じくアキレス腱断裂で休場中の豊ノ島(とよのしま)は、幕下に下がってしまいそうですが・・・。
勝負の世界とは、厳しいものだな。
しかし、一時は幕下55枚目まで番付を落としたものの、約一年かけて幕内まで戻ってきて活躍してる栃ノ心(とちのしん)もいることだし、負けずに頑張って欲しいです。

同じく、以前幕内で活躍していた舛ノ山(ますのやま)が序ノ口優勝。
幕内経験もありながら、三段目まで番付を落としていた山口(やまぐち)が幕下優勝。
番付を落としても、頑張って相撲を取り続ける姿勢は立派です。
怪我に気をつけて、一日でも長く相撲を撮り続けて欲しいです。


さてさて、そんなわけで、九月場所もいよいよ大詰め。
十四日目の明日、優勝が決まるのか!?
いっときたりとも目が離せませんよ!
明日の夕方は、
チャンネルはNHKで!!!


それでは。

↑わくわくどきどき。

*1:まわしの色や履物も変わるらしい。関取と呼ばれるのも十両以上の力士で、「○○関」と呼べるのも十両以上。サインできるのも十両以上からという話も・・・。