読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

平成二十九年大阪場所が始まりました

↑今日は三時五分からでした。


こんばんは、りょうです。

長かったような短かったような二月が終わり、気がつけば三月も半ば。
大相撲が始まるジャーン!!!
ってことで。

今場所の注目はなんてったって横綱稀勢の里(きせのさと)の活躍やいかに!!?ってコトですかねぇ。
横綱になって初めての場所は、そのプレッシャーやら緊張やらで、そこまで活躍できないというのが通例ではありますが。
横綱なら最低でも二桁は狙っていきたいところ。
今まで通りの相撲ができれば、二桁は余裕なはずですが、果たして・・・?

と、そんな初日は安定の白星スタート。
残念ながら取組を見れなかったのですが、何をやってくるかわからない老練の豪風(たけかぜ)相手に、危なげない相撲を取れたようです。
良かった良かった。
ただ、稀勢の里が真に危ないのは三日目以降だという話もあるので、これからも目が離せません!

もう一つの注目力士といえば、新入幕の宇良(うら)ですかね。
小兵ながら、それを活かした最後まで諦めない相撲で、粘りから繰り出される多彩な技が、観客を魅了する力士です。
宇良の取組は、本当に面白い。
今場所もどんな珍しい決まり手が見れるのか、そこにもつい注目してしまいます。
今日は佐田の海(さだのうみ)相手に危なげなく押し出しで白星。
宇良の相撲が幕内でどこまで通用するのか、今から楽しみです。

さて、初日を終えて一番の波乱といえば、横綱白鵬(はくほう)黒星スタート。
今、勢いのある新鋭正代(しょうだい)に突き落としで敗れました。
ここのところ、序盤で星を落とすことの多い白鵬
いよいよ世代交代なのか・・・。
せっかく久しぶりの四横綱時代を迎えたわけですし、まだまだ強い白鵬を見ていたいです。
明日はこれもまた最近勢いのある蒼国来(そうこくらい)と。
連敗はしないと思いますが、果たしてどうなるか・・・!

もう一人気がかりなのは、同じく初日黒星の横綱日馬富士(はるまふじ)。
まぁ、こちらは相手がずっと大関を勤めていた関脇琴奨菊(ことしょうぎく)ということもあり、ありえなくはない黒星なのかも。
琴奨菊も、今場所10勝以上で大関に返咲きという大事な場所で、気合十分でしたから。
どちらも、明日以降の取組が楽しみです。

カド番の大関照ノ富士(てるのふじ)と豪栄道(ごうえいどう)はどちらも白星スタート。
特に照ノ富士は表情からも気合が入ってるのが見てとれますし、怪我の具合も良さそうなので、怪我をする前の強い照ノ富士が見れるのではないかと期待します。
二人共、15日間怪我なく頑張って!!

怪我からの復帰といえば、遠藤(えんどう)も荒鷲(あらわし)相手に粘り強い相撲を取れていて期待できそうです。
あとは、今日は横綱鶴竜(かくりゅう)に敗れてしまいましたが、小結御嶽海(みたけうみ)もとてもいい動きをしていました。
関脇玉鷲(たまわし)も良かったし、正代を含め、この辺の四人が、優勝争いを面白くしてくれるのではないかと期待です。

若手が本当に力をつけてきて、ちょっと前までの「どーせ優勝は白鵬だろ〜」って状況ではなくなっており、本当に目が離せない15日間が始まりました。
個性豊かな若手の台頭で、ますます面白くなっている大相撲。
この二週間はぜひ、夕方になったら
チャンネルはNHKで!!!


それでは。

↑なんだか久しぶりに惰眠を貪ったのに、見た夢が仕事の夢という・・・。

かまってちゃんな私

↑自覚はある。


こんばんは、りょうです。

ちょっといろいろ溜まってるんでしょうねー。
普段なら、まぁ、スルーできることが、どうにもスルーできなくて悲しくなっています。
どうしようもないことだとはわかっているのですが、どうにもこうにもやさぐれモード。
頑張ってるのに、こんな仕打ちかぁ・・・と、一人へこんでおります。
頭では、どうしようもないことだとわかっているのですが、どうにも気持ちがついていけません。
つらみ。

どうにもこうにも元気が出ない。
でも、まだごはんを食べれているので大丈夫。
お腹は痛かったりするんだけど。

悲しくなって、自分なんて必要ないかなぁ、とか思っちゃって、ポツリとつぶやく。
「私なんかが一人いなくなっても、何もかわらないから」
そんなこと言うのはもちろん
「そんなことないよ、必要だよ」
って言って欲しいから。

あぁ、かまってちゃんな私。
なんて面倒くさい。

いろいろ駄々こねてたら、全然明後日の方向からフォローをいれられて、「いやいやいや、そーじゃねーんだよ」って思っちゃったのが、ガッツリ態度と顔に出ちゃってて、後で思い出して凹む私。
あー、なんであそこであんな態度とったのか。
そもそも、いい歳こいて駄々こねんなよ。
仕方ないことだって、わかってるじゃないの。
大人になりなさいよ。
笑って「それじゃあ仕方ないですね」って言えよ。
どんなに愚痴ったって、変わらないよ。

わかってる。
わかっているのよ。
わかっているけど、気持ちがついていかないの。

どうした。
どうした私。

ただでさえメンドクセな私ですが、さらにメンドクセな女になっている気がする。
もういっそ、これ以上メンドクセになる前に消えてしまいたい。
とか思ってしまう自分にもうんざりである。

ああ。
肉食って早く寝よ。


それでは。

↑いくつになっても大人になれない。

ピンク好きな三十路女

↑そういえば、アラサーって具体的に何歳まで?


こんばんは、りょうです。

ピンク。
それは、女の子が大好きな魅惑のカラー・・・なのかはちょっとわからないですけど。
まぁ、なんとなく、フリフリのかわいい物好きの女子が好きなイメージですよね。
ダサピンク問題とか、まぁ、いろいろありますけれども。

完全に私個人の話をしますけれども。
小さい頃、ピンクが好きだったかどうかは覚えてないのですが、少なくとも自分である程度洋服を選ぶ年頃の時は、ピンクはどちらかといえば嫌いな色でした。
黒とか、白とか、グレーとか、基本的にそんな色を、服でも小物でも選んでいた記憶があります。
なんというか、「ピンクはおこちゃまの色」みたいなイメージがあったような気がする。
ピンクの服なんて、恥ずかしい。
少なくとも、自分には似合わない。

そんな多感な時期を過ぎたあとは、洋服に興味がなさ過ぎて、とりあえず白かグレーか黒選んでおけば間違えないだろう的な。
下はもちろんGパン。
Gパンはいとけば間違えないだろ的な。
今でも、なんだったら休日はいつも同じ服ですし。
なんなら平日も、ローテーションで同じ服ですし(2パターンくらいしかない。)。

しかし、何でしょう。
30歳目前くらいからですかね?
なんとなく、乙女なものがだんだん好きになりまして。
小物とかを選ぶときに、ついピンクが気になるように・・・。
今の平日ローテーションのスカートの一枚もピンクだったりして。
気がついたら身の回りにピンクのものが増えていきました。

今日は長男が学校で青いマフラーを編んで来たのですが、最初は私にくれると言っていたのに、やっぱりやめたと。
ママには今度編んでくると。
やっぱり、ママにはピンクのマフラーがいいよね、と。
すっかり、ピンク好きキャラが定着してきた?

そんなこんなで、昨日は年甲斐もなく勢いでこんなスマホケース買っちゃうし・・・。


ピンクなうえにマイメロちゃん・・・。

ねぇ、冷静に考えてさ、これ、ありだったかな・・・(汗)
職場の人にそそのかされて(笑)買ったので、職場ではいいのですが、あの、ほら、私のことをよく知らないママ友とかがさ、見た時にさ、イタイ人だと思われないかしら・・・。
子供も男子二人だからさ、子供の趣味とも言えないし・・・。
しかも、今使ってるマイボトルもピンクのマイメロだし・・・。
すっかりマイメロ好き?みたいな?

ちなみに、本当はマイメロよりキティーさんのが好きです。

ラスカルキティー&キティーラスカル、可愛すぎませんか?!
昨日、初めて見て、一目惚れして、いろいろグッズを買い漁ってしまって・・・。

・・・なんだろう、若い子がサンリオグッズにキャッキャしてるのは可愛いけど、三十路女がサンリオグッズにキャッキャしてるのはイタくないだろうか・・・。
大丈夫だろうか。

しかし、サンリオに限らず、この歳になってから、むしろ可愛いものが好きになったなぁ。
若い頃にあった、「カッコつけたい」みたいなスカした青さがなくなったからかしら。
あとは、男子二人に可愛いものを持たせることができないので、その欲求が全部自分に向くのかな。
なんとなく、男子母の方が自分で可愛い小物とか持ってる率が高い気がする。気がするだけだけど。

とりあえず、勢いで買ったマイメロスマホケース。
機種変をするその日まで、大事に使いたいと思います。
そして、これからも、ピンクで可愛い小物たちを愛していきたいと思います。

ビバ!ピンク!!


それでは。

↑「お・・・おへそだけじゃなくない?」としか言えなかった・・・スマン・・・!