読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

荒れる春場所!平成二十八年春場所九日目が終わりました

↑覚醒?


こんばんは、りょうです。

ツイッターのフォロワー各位には、夕方にTLを騒がせておりまして、申し訳ありませぬ。
きっと、ウザくてミュートしてる人もいらっしゃることでしょう。
今週末にはまたお騒がせしますが、よろしゅう頼みます。

さて、そんなわけで、春場所もあっという間に半分が過ぎました。
今場所はなんと言っても
大関稀勢の里の覚醒
に尽きるんじゃなかろうかと。
いつも、前半に取りこぼすことの多い稀勢の里(きせのさと)が、落ち着いた相撲でここまで負けなしの九連勝。
特に今日の一敗の大関琴奨菊(ことしょうぎく)との一番は、立合い、当たってからの変化と、今までの彼からは考えられないような相撲内容でした。
狙っていたのか、身体が勝手に反応したのか・・・。
狙ってたとしたら、今まで、頭脳プレーとは無縁だった稀勢の里にしては上出来すぎる結果に。
当たってからとはいえ、立合いの変化をよく思わない人もいると思いますが、私は今回の稀勢の里の変化に関しては、肯定的に捉えています。
琴奨菊も全く頭になかっただろうし、同等のレベルの相手への頭脳戦と考えれば、これはこれでアリかと。
まぁ、熱戦を期待していたファンからしたら、肩透かしを食らわされた気分も多少ありますが。

そんなわけで、今まで周りの期待を裏切り続けてきてしまっている稀勢の里も、今回こそは、今回こそはいけるのではないかと。
そんな期待をもってしまうほど、今場所の稀勢の里はいつもと違うと思います。
今日の大一番の前も、ちょっと気味が悪いくらいに冷静な表情に見えたし。
ここから、大関横綱との対戦が続くので、どこまで白星をのばせるか未知数な部分はありますが、前半のような相撲がとれれば、全勝優勝も夢ではないくらいの仕上がりだと思います。

一方、今場所優勝すれば横綱に、という場所の琴奨菊は、今日の負けで7勝2敗と優勝争いからは一歩後退。
ここから全部勝ったとして13勝2敗の成績で、優勝とはいかなくても優勝に準ずる成績、と認められれば横綱も夢ではないですが、正直、ちょっと厳しそうかな。
ただ、一つでも多く勝っておけば、来場所また横綱への挑戦ができる場所にすることはできると思うので、とにかく、勝つしかない。
明日は、何気に一敗をキープしてる、大関豪栄道(ごうえいどう)と。
豪栄道は、今日最高の相撲で横綱鶴竜(かくりゅう)をくだして勝ち越し。
晴れて、カド番脱出であります。
あまり注目されていませんが、虎視眈々と優勝を狙っている・・・はず(笑)
これから、稀勢の里とも琴奨菊とも取組があるので、どこまで食い込んでくるか、楽しみです。

さて、もう一人の一敗の力士が横綱白鵬(はくほう)。
昨日の取組では、関脇嘉風(よしかぜ)に張り手の応酬からの、土俵際でダメ押し*1の投げ。
今日も小結栃煌山(とちおうざん)相手に張り手からのかち上げ(顔面に肘でアッパー食らわす感じ)と、荒々しい相撲が目立っております。
特に、昨日の取組では、投げた嘉風が土俵下に座っている審判の親方に直撃し、救急車騒ぎに。
直撃した井筒副審判長は、大腿骨骨折で全治三ヶ月とのことで、伊勢ケ浜審判長から厳重注意を受けたそう。
うーん、なんとも・・・。
ここから、大関横綱とあたるので、優勝争いのキーマンになると思うのですが、果たしてどんな相撲を見せてくれるのか。

私の勢(いきおい)は、七日目まで全勝できていましたが、昨日は稀勢の里に、今日は日馬富士に負けてしまい、二敗に後退。
しかし、負けた相撲もとても内容がいい相撲で、場内の投票などで毎日決まる、「敢闘精神あふれる力士」に九日間連続でランクイン。

こちらは今日のランキング*2
負けても二位!
地元、大阪の場所でファンが多いというのも要因になってるとは思いますが、それだけ魅力的な相撲が取れてるのはすごいと思います。
明日は相性の悪い魁聖(かいせい)との取組ですが、今場所の勢なら勝てるかな?
楽しみです。

十両では、大砂嵐(おおすなあらし)が休場明けの快進撃を続けていましたが、今日とうとう土がつきました。
八日目までは、持ち味の荒々しい相撲で他者を寄せ付けない相撲を見せていただけに、明日以降の取組が気になるところです。
遠藤(えんどう)はここまで三敗。
内容は悪くないですが、来場所での幕内復帰を決めるためには、これ以上は負けられません。


幕内に話を戻すと、優勝争いの観点からは、全勝が稀勢の里、一敗が白鵬豪栄道、二敗に日馬富士鶴竜琴奨菊、勢、妙義龍(みょうぎりゅう)、逸ノ城(いちのじょう)、大栄翔(だいえいしょう)。
二敗力士がたくさんで、渾沌としてきました。
このまま稀勢の里がぶっちぎるのか、はたまた大関横綱でつぶし合いがはじまるのか・・・。
上位でつぶし合いがおこれば、下位の勢、妙義龍、逸ノ城、大栄翔にも優勝のチャンスが!?
いやぁ、楽しみになってきました。
特に勢には、地元の声援を力に変えて、このまま二敗をキープして、最後まで優勝争いに絡んでいって欲しいです。

そんなわけで、明日からも夕方は
チャンネルはNHKで!!!


それでは。

↑将来の夢は行司さん。

*1:本人はダメ押しを否定

*2:画像は大相撲アプリから