読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

顔も知らないキミへ

↑言葉にできない。


こんばんは、りょうです。

私がいわゆるネットサーフィンというものを本格的に(?)やるようになって約7年。
Twitterを本格的に初めて、約1年。
ネットを通して、たくさんの人と知り合って、仲良くなりました。
中には実際にお会いした人もいますが、基本的にはネット上でのおつきあいです。
ブログのコメントだったり、メールだったり、Twitterだったり。
顔も知らない間柄だけど、最近疎遠になっている顔も知っているあの子よりも近く感じる。
そんな不思議な距離感が、ネットでのおつきあいにはあるような気がする。

最近、そのネット上でのおつきあいの人が、辛そうなつぶやきをしてたり、記事を書いていたり、メールをもらったりした。
そんな時は、「何かをしてあげたい」という気持ちが湧き上がるのだけど、その人の顔も知らない事実にぶち当たる。

知らないんだよ、何も。
その人の顔も、声も、身体も。
何をしたら喜んでくれる?
どんな言葉を欲している?
今、どんな顔をしているの?
何を求めているの?
私には何ができる?

ネットで知ったつもりになっていることはその人のほんの一部で、今の状況も表情も顔色もわからない状況で、できることなんてない気がする。
そもそも、毎日顔を合わせている職場の人だって、落ち込んでいる時にどうしたらいいかもわからないKY*1私に、一体何ができるというのか。

ただ、ひたすらその人の心の傷が癒えるのを、完全に塞がることのない傷だったとしても、少しでも早く日常を取り戻せるように、祈るしかできないのか。

今、この記事を読んでくれている人で、酷く落ち込んでいる人、癒えない傷を抱えている人、どうしようもない虚無感に襲われている人。
どうか、この画面の中にも、あなたの心配をしている人がいるということを、忘れないで欲しい。
顔も知らないけど、声も知らないけど、あなたの今の状況もちゃんとはわかっていないけど、少しでも早くその状況から抜け出せることを祈っています。

何かあったら、声をかけてね。
私は、ここにいます。


それでは。

↑肉でも食べて、元気だそうぜ。

*1:空気読めない。