読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の良かったこと

思いついたことを思いついたままに綴っていきます。タイトルに意味はありません。

憧れの先輩に

日常

↑ジェネレーションギャップ!


こんばんは、りょうです。

生きていれば、一年、また一年と歳を重ねていくわけで。
否が応でも、ちょっとずつちょっとずつ加齢していくわけです。
いつまでも若いつもりでも、気がつけばもうこんな歳かぁ・・・とね。

私は年齢の割には古いことも知っていたりしたので、年上の人に話題を合わせて会話するのが苦にならないタイプでした。
むしろ、年上に囲まれていた方が居心地がいい感じで。
そういえば、旦那さんも年上だしね。
職場でも、年齢の若い方から数えて片手で足りるくらいです。
だから余計に、いつまでも若いと思い込んじゃってたんですよねぇ。

最近、すごく若い子が入社しまして、その子が隣の席に座ることになったので、その子と会話することが増えました。
私は元腐女子で軽くオタクだったのですが、その子もどちらかというとそっち系の趣味を持ってるとのことで、とりあえず会話のとっかかりとして、そのへんのことを話題にすることが多いのです。
が。
あくまで「元」なので、最近の事情に詳しくないので、どうしても当時の記憶を引っ張り出してきて会話することになるんですよ。
そうすると、相手の子が私の世代に合わせて会話してくれるんですよね。
そこで、「あっ・・・、私、今会話を合わせてもらってる・・・!」と気づいた時のショックさ加減といったら。

・・・そうか・・・、私ももう、若かりし頃の自分が相手をしていた「あっち側」の人間なのね・・・。

と、なんか急に自覚してしまいました。
いつまでも、若いつもりじゃいられませんね。
若い子と話を合わせられるように、少しは今の情報も仕入れないとなぁ・・・。

ちなみに、今、その子との目下の話題はポケモンGoです(笑)
今日はアレを捕まえた、コレに逃げられた、など、キャッキャウフフしております。
ビバ、共通の話題!!
ひと回り以上も年下の子とも会話になるんだから、いいツールだよなぁ。

あとは、今のアニメとゲームと声優さんと、俳優さんにアーティスト・・・。
うーん・・・。
無理・・・かな?
しばらくは、ポケモンでひっぱろう、そうしよう。

そろそろ、あたいも大人の自覚を持って、頼れる先輩になろうと思います。
なれるかな?
大人って、案外大人じゃないのよねー。
とりあえず、若かった私が憧れていたあの人みたいになれるように、日々精進したいと思います。
そんな風に、思ってもらえるかしら?

・・・ポケモンやってるようじゃまだまだかな・・・?


それでは。

↑レアキャラこいっ!!